外国人に日本語を教えたい

レディ

政府が外国人観光客を積極的に招く政策をとるようになり、日本を訪れる外国人観光客は驚異的な伸び方をしています。それに伴い、日本という国に興味を持つ外国人も増え、日本語を学びたいと思う外国人も増えています。また、日本語をマスターして、日本国内で働きたい、もしくは、自分の国の日系企業で働きたいと考える外国人も多くいます。そんな外国人に日本語を教える日本語教師の需要は近年増加傾向にあります。日本語教師になれば、海外で働くことも可能ですし、日本国内の日本語学校で働くことができます。海外の日本語学校で日本語教師として働く分には資格は必須ということはなく、現地で採用されれば日本語教師として働くことができますが、日本国内で働く場合は日本語教育能力検定試験に合格しているか、日本語教師養成講座を420時間受けなければなりません。ほとんどの求人ではこのどちらかが求められていますので、これらがないと日本国内で日本語教師として働くことは難しいと考えてください。「日本語教師養成講座420時間」とは、文化庁が定めた日本語教師養成のための標準的な教育方針に沿った講座のことです。この講座は大手専門学校に開設されていたり、日本語学校に併設されています。期間は週5日間通って半年間、また、1年以上の期間でゆっくり学ぶところもあります。費用はだいたい50万円前後と考えておけばいいでしょう。日本語教育能力検定試験の方は資格試験で、かなり難しく、合格率は20%台と狭き門となっています。こちらも専門学校か、日本語学校に併設されているところで学ぶことになります。

国が指針を示しています

勉強

日本語教師として働くためには日本語や日本の文化を知り、更に教える技術を身につけなければなりません。国が指針を示した日本語教師養成講座を修了することで、知識や技術が身についていることを示せます。養成講座を開講しているスクールでは、理論や実践科目を習得します。

日本語を教える大切な仕事

教材

グローバル化が進行している現代では、日本語教師の需要は全体的に高まっており、日本国内はもちろん海外でも活躍しています。それゆえに日本語教師を目指す人も増加傾向にあり、日本語教師養成講座にも注目が集まっています。

知識や教え方を身につける

レディ

多くの日本語学校では、日本語教育能力検定試験に合格するか、日本語教師養成講座を修了することを採用条件にしています。検定試験に合格するためには、しっかりとした試験対策が必要です。また時間やお金の問題が解決できれば、養成講座を受けてみると良いです。