日本語を教える大切な仕事

教材

国内と海外と

観光客だけでなく日本国内に暮らす外国人も増加しているため、外国人が日本語を学べる環境もいろいろあります。そういったところで活躍しているのが日本語教師です。日本国内では日本語学校をはじめとして企業内でのレッスンやセミナー、大学では留学生を対象として活躍しています。また、他にもボランティアの日本語教室や講座などでも求められる傾向にあります。そして、日本国内にとどまらず、日本語教師は海外でも活躍しています。海外の場合は日本語学校や日本語を学べる一般の学校などでの活躍が多いです。しかし、それだけでなく青年海外協力隊や国際交流基金の派遣などでも需要があります。このように日本語教師はさまざまな場面で必要とされているため、やりがいがあるのです。しかし、この日本語教師になるためには、明確な資格は現段階では存在していません。基本的に大学の養成学科卒業や養成講座の利用、独学で日本語教育検定試験に合格するといった方法が一般的です。もっとも大学の場合は幅広く知識も実施も学べるというメリットがありますが、やはり費用という面では高額になる傾向にあります。また独学で試験に合格するという方法は、大学と比較すれば費用こそ抑えられるメリットがあるものの、知識は習得できても実施経験が不足しがちになります。そこで総合的に考えると、専門講座を利用する方がよいでしょう。費用は大学ほど高額ではないですし、知識はもちろん実技もバランスよく学ぶことができるというメリットがあります。それゆえに講座を利用する方法は大変学びやすい環境が整っており、人気の高まりとともに脚光を集めています。